スピードラーニング効果的勉強法・ホームへ

スピードラーニング12巻(初級12巻)の内容

各巻の英文は公開しません。あらすじのみ日本語でご紹介します。
これは、収録英文を事前に知ると英語を聞き取ろうとする練習の効果が薄くなり、学習効果が落ちてしまうためです。

概要と要約

12巻(初級12巻)の画像

12巻(初級12巻)

オカノさんが仕事でニューヨークを仕事で訪れます。飛行機の到着が遅れ、航空会社がスーツケースを紛失など、トラブルに見舞われます。
機内で仲良くなった女性が航空会社の受付で説明してくれたり、コーリングカードでの電話方法を教えてくれるなど助けてくれます。
無事、取引先に事態を報告してなんとか切り抜けます。

次はニューヨークに転勤してくるモリさんを現地のパークスさんが迎えます。パークスさんがチップなどの慣習やルール、居住地域のアドバイスをしてくれます。
アドバイスにしたがってモリさんは不動産屋にアパートを紹介してもらいます。アパートを訪れ電気、電話の引き方などを聞きます。

最後に、ヨシコがニューヨークの大学に入学。受付のおじさんに教授の部屋の場所を尋ねます。また、知り合った生徒から履修の手続きや現金を持ち歩くことの危険性などを教えてもらいます。

最初のパートに出てくるオカノさん、飛行機の到着が遅れる、荷物は紛失と大変ですが、これって結構ある話です。

知人では、飛行機を乗り継ぐときに別の便に荷物が送られてしまっていたケースもあります。
起こりうるトラブルと対処を勉強できるのは助かります。

オカノさんの場合、飛行機の遅れで先方との約束にも遅れるという、なかなか悲惨な状況です^^;
ここも何とか電話で状況を説明して切り抜けるわけで、本当にトラブル対処のパートって感じです。今回のように英語と当時に役立つ知識が自然と身につくのは、一石二鳥で嬉しいですね。

収録パート

4部構成です。(各パートのタイトル・邦題は確認時点の物です、出版時期により変更になる場合があります。タイトルが異なっても収録内容に違いはありません。)

英題:New York, New York
邦題:ニューヨーク、ニューヨーク

パートタイトル
邦題
内容
1A business trip to New York
ニューヨーク出張
オカノさんが仕事でニューヨークへ。いろいろトラブルが発生するも、何とか切り抜けます。
2Getting transferred to New York
ニューヨーク転勤
ニューヨークに転勤して暮らすことに。現地スタッフから文化、暮らしのアドバイスをもらいます。
3Finding an apartment
アパートを探す
紹介された不動産屋さんに電話。アパートを探し、生活の準備を進めます。
4Starting college in New York
ニューヨークの大学に入る
ニューヨークの大学で、履修の手続きについて学生に尋ねます。
上に