スピードラーニング効果的勉強法・ホームへ

外国人と無料で英会話

無料英会話フリートーク

無料の電話レッスンは2種類用意されています。
自由に会話を楽しむフリートークと、会話に自信がない方のリッスン&リピートというレッスンです。

特にフリートークはものすごく重要です。これを利用しない手はありません。

フリートークって?

フリートークというこのサービスは本当に重要です。絶対に利用しましょう。

  • 1ヶ月に2回(正確には1巻につき2回)まで、外国人と電話で話す英会話レッスンが受けられるものです。
  • 無料で利用できます。レッスン料金、通話料はかかりません(通話無料のフリーダイヤルになりました)。
  • 会話時間は1回5分程度。
  • 内容は自由です。あらかじめ話したいことを考えておくと会話がスムーズです。

5分ほど経過し、話の区切りがいいところで、「時間だね、バイバイまたね」みたいな感じで終わります。5分たっていきなり強制終了みたいな厳密なものではないです。

「話せないから恥ずかしい・・・」
なんて思っていたら大損です。自由に話せないもどかしさを感じることが英会話学習のエネルギーです。 話せなくて当然なので、フルに活用しましょう。

内容が自由というのがうれしいです。
自由な分、自然な会話の練習ができるからです。英会話レッスンだとテキスト主体に進めるのが普通です。 それはそれでありなのですが、自分の思ったことを自由に話す生きた会話の練習とは別のものです。

「いきなり英語で話すなんて、何を話してよいのか・・・」
と不安になるでしょうが、これは話したいトピックを事前に決めておくと良いです。

日本語の会話だって、話したいことが無いのにいきなり話せといわれたら言葉に詰まりますよね? 日本語でそうなんですから、英語でネタも用意せずに話すなんてできなくて当然です。
最近体験したこと、そのときの気持ちなど、事前にある程度考えてから電話するとグッと話しやすくなりますよ。

私がもっとも記憶に残っているのはオーストラリアの話をしたとき(スピードラーニングにかなり慣れている頃です)。

事前の会話が少しあって、旅行の話に。

  • 講師:外国には行ったことあるの?
  • 私:まだないんだ
  • 講師:じゃぁどこの国にいきたい?
  • 私:オーストラリアだね。
  • 講師:どうして?
  • 私:大学では生物を専攻、生き物がすきなんだ。オーストラリアの生態を見てみたいんだよ。
  • 講師:なるほどね。オーストラリアは行ったことがあるけどいいところだよ。xxxxは知っている?
  • 私:(うまく聞き取れなかった!!どうしよう・・・とりあえず)いいえ。
  • 講師:オペラハウスはすばらしいよ。まず外観がすばらしいしあと・・・(聞き取れない話がしばらくつづく)
  • 私:(?オペラハウスって言ってるのかな。とりあえず話を合わせよう)へぇ、そうなんだ。ぜひ行ってみたいな。
  • 講師:今日はありがとう。とても上手だよ。また電話してね。それじゃぁ。
  • 私:じゃぁ、また。

こんな話でした。

行きたい国はオーストラリアで、理由は生物が好きだからというのは普段から考えていたことで、スムーズに出てきました。それに感動しました。振り返ってみるとそこ以外はしどろもどろで、聞き取れないところもいっぱいだったのですが、会話ができた達成感があり、電話の後ガッツポーズをしてましたね^^;。

一部分だけでも話せるとすごく気分がいいです。

短くてもやらないよりずっとまし

「5分間を月2回では会話練習には足りないのでは?」

確かに、流暢な英会話を身につけるには足りないです。^^;
でも、挨拶程度でも交わす経験をつんでおくのは大事ですし、そんな機会はなかなか無いのでとても貴重ですよ。

いきなり外国人と英語で会話するというハードルはとても高いですが、電話で話した経験があるだけでかなり緊張感が減ります。

初めてスターバックスに入ったときは、ちゃんと注文できるかな??なんて緊張しましたが、2回目からは緊張が減り、ちょっと変わった注文までできるようになった、あの感覚(緊張したのは私だけ?)。

あと、外国に行くとわかりますが、1回の会話時間は結構短いです。長いのは仕事のやり取りや、知り合いと話すときくらいです。 お店、ホテル、空港などで1回に話す時間は短いものです。お店の人と世間話をする時だって3分程度。5分も会話が続けられれば実用上は結構いけるものです。

でもやっぱり、流暢な英会話を身に着ける練習時間としてはやっぱり足りないですよね。

1回の会話は5分でもよいのですが、1ヶ月の合計としては10分では足りないです。
毎日5分とかできれば最高なのですが。

余談ですが、全国展開しているとある英会話学校では、1クラス8人~9人で50分。講師を入れると約10人なので最長でも1人5分しか持ち時間が無かったりします。。。講師が一人で話す時間が一番長いので、生徒は実質3分も会話できない・・・なんて講師をしていた知り合いが言っていました。
えぇ、講師が日本人なんですよ。しかも会話が3分にも満たない。これでも1回あたり2000円~2500円程度。

こうして考えると、外国人と5分の会話が保障されるフリートークは貴重ですよね。

リッスン&リピート

リッスン&リピートは私は利用したことがありません。この存在を知りませんでした。私が購入していたころは無かったかも。

  • 外国人講師が話した英語を口に出す、リピート練習
  • 時間は1回5分程度
  • こちらも無料です。

私は利用したことが無いので公開されている情報しか書けないですが、
スピードラーニングの1~48巻の中で使われている単語・フレーズをスタッフが話すので、それをリピートするというもののようです。 リピートするだけなので初心者の方でも安心ですね。

フリートークの自信が無い場合、こちらのリッスン&リピートで英語の電話に慣れるのはいいと思います。

でも、どうせやるなら絶対フリートークのほうがいいですよ。
リッスン&リピートは大丈夫、慣れたと思ったら、ぜひフリートークにしましょう。

電話をかける手順

フリートークの受付時間は

  • 平日:10時~17時、18時半~20時半
  • 土・日・祝日:10時~17時半

です。18時半以降もできるように拡充されたので、これなら仕事の後でもできますね。私は休日の午前中に利用していました。

レッスンを受けるにはお客様番号が必要です。番号は初回セットに記載されています。私のときは月々届く教材の宛名のところにも記載があったはずです、現在はどうかわかりませんが。

わからないときは0120-80-3410に電話すると教えてもらえます。

フリートークは申し込み段階から英語です。
「英語で申し込むの(;゜⊿゜)ノ 」
なんていきなりハードルが高く感じるでしょうけど、決まり文句です。下に書いておきますのでメモっておきましょう。

  • フリートークに電話をかけます(*フリートークの電話番号は受講者専用情報ということで削除しました)。
  • スタッフ:Hello, Espritline support center.(はい、エスプリラインサポートセンターです)。
  • あなた:Hello, "Free Talk", please.(もしもし、フリートークをお願いします)
    または、
    "Listen & Repeat",please.(もしもし、リッスン&リピートをお願いします。)
  • スタッフ:OK. Can I have your customer number?(かしこまりました。お客様番号を教えていただけますか?)
  • あなた:Yes.Zero,0ne,One,Two...(はい。0112....)

という流れです。

いやー、この申し込みの英語を話しただけで英会話した気分です(実際してるのですが)。ちょっと満足感がありますよ。 この申し込み過程を体験するだけでもいいくらいの気持ちで、どんどん利用しましょう。

上に