スピードラーニング効果的勉強法・ホームへ

スピードラーニングでの勉強方法・効果的な使い方

勉強方法・使い方

体験と今までの英語学習の経験を踏まえての、スピードラーニングでの効果的な勉強方法・教材の使い方です。

毎月CDと解説書が届くのですが、これらを3つの段階にわけて使用するのがポイントです。

*第2、3段階のトレーニングは聞き取りができるようになってからなので、スピードラーニング開始から3ヶ月目(3枚目)以降のCDから取り組んでみましょう。それまでは第1段階に徹底して聞き取りの力を磨きましょう

まずは聞く - 第1段階

申し込むと最初のCDが届きます。とにかく聞いてみましょう。

など、いろいろ疑問や不安があると思います。
そんな疑問や不安にお答えします。

「まずは聞く(第1段階)」のページへ

シャドーイング - 第2段階

シャドーイング、英会話の練習ではおなじみのトレーニングです。追っかけてつぶやくというトレーニングですね。

そんな声をよく聞きますが、大丈夫。

スピードラーニングはシャドーイングがやりやすいんです。 公衆の場でシャドーイングをするコツもあります。私は電車の中でよくシャドーイングをしていましたし。

「シャドーイング(第2段階)」のページで詳しく解説しましょう。

*馴れないうちはシャドーイングは難しいです。開始3ヶ月目以降のCDから挑戦してみましょう。

「シャドーイング(第2段階)」のページへ

2週間のリーディングとリスニング - 第3段階

CDを聞いて2週間ほどしたら最後の第3段階に入ります。
この3段階目で単語力とリスニング力をぐっと引き上げることができます。

ただ、注意して欲しいのは
最後の2週間だけ ということ。

あせってこの3段階めの「2週間リーディング」をやってしまうとスピードラーニングの価値が激減、リスニングのトレーニング効果が落ちてしまいます。

2週間、しっかり聞いて内容をほぼ覚えたというころから始めましょう。

この勉強方法はスピードラーニングの使い方には載っていません。

しかし、自主学習だけで、高校時代の英語赤点から TOEIC 840に上昇した身だからこそ、リーディング+リスニングの効果の高さをよく知ってます。
最後2週間は重要ですよ。

ぜひ詳細を読んでください。

「2週間リーディングとリスニング(第3段階)」のページへ

毎月2回のフリートークは絶対利用

3段階の勉強方法でインプットはばっちりです。でも、アウトプットの練習をしないと英語は上達しません。
いくら勉強していても、外国人と話したことが無いのに、話しかけられたときに緊張せずに返答したり、こちらから声をかけることなんてできません。

そして、話すなら日本人じゃなく、外国人と話さないと外国人との会話に慣れていきません。
日本人だと、こちらの意図や会話の壁・勘違いに気づいて応対してくれちゃうんですよね。

スピードラーニング受講生は電話による外国人との英会話レッスンを月2回受けることができます。
しかも無料

これは絶対に利用しましょう。

「無料英会話のフリートークは必ず活用」のページへ

英語音声CDの使い道

スピードラーニングを受講すると、英語+日本語のCD、英語のみのCDの2枚が送られてきます。

当サイトの勉強方法では英語+日本語のスピードラーニング形式しか使いません。
英語音声CDは使わないの?となります。

でも使う場面があるので、大事にしてくださいね。

「英語音声CDの使い道」のページへ

一日の聴取時間時間

一日どれくらい聞けばよいのか?

良くある疑問です。
CMでは5分からといってますが、「から」であって、初心者の準備期間の話です。

5分では足りないですよ。

「一日の聴取時間時間」のページへ

勉強方法のまとめ・チェックシート

書いてみると思ったより長くなりました。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

勉強方法を正しく実践できているか確認できるようにまとめました。
チェックシート代わりに使ってください。

「勉強方法のまとめ・チェックシート」のページへ

上に